砂川闘争の現地を歩く2018 「国営昭和記念公園」を歩くを終えて

砂川闘争の現地を歩く2018 「国営昭和記念公園」を歩くを終えて

 5.19-砂川闘争の現地を歩く2018 「国営昭和記念公園」を歩く-は、心配されていた雨も降らず、うす曇りで、時々日差しが差すフィールド―ワークには最適な天気に恵まれました。
参加者は、中央大学、レイクランド大学、東京大学の大学生や大学院生の若者から、70代、80代の方まで、幅広い方々が
ご参加くださり、100名を超える参加者でした。
 100名を超える集団で、国営昭和記念公園の中を、地図を見たり、資料を見たりしながら解説を聞き歩きました。
土曜日にしては、公園内が空いていたので、大移動も問題がありませんでした。
 国営昭和記念公園の姿からは、想像もつかない陸軍時代そして米軍立川基地時代を、資料と、地図で想像を膨らませながら、フィールドワークをしましたが、公園西側から見える陸軍時代の煙突だけは、具体物を見ながら、当時を想像できます。
 残された数少ない、歴史的遺構を、是非これからも残していきたいものと考えています。
 最後に、参加者一同、陸軍時代、米軍時代の650棟もの構造物を取り壊した瓦礫を積み上げ、その上に多摩ニュータウンの残土で覆ってできた、標高119メートルのこもれびの丘に腰を下ろしました。
 そして、多摩丘陵、狭山丘陵を望みながら、現在の国営昭和記念公園からは、想像もつかない、100年にわたる軍事基地の歴史を振り返りました。
 不備な点も多々あったかと思いますが、ご参加くださいました皆様のご協力に感謝申し上げます。
今後とも、機会がありましたら砂川平和ひろばのイベントにご参加いただけますことを願っております。

当日の、レイクランド大学トンプキンス准教授の米軍立川基地時代の解説を掲載いいたします。

1918.5.19
Mr.Tompkinsspeach (Walking tour Showakinenn)
I’d like to begin today with a quote from historian Benedict Anderson’s book Imagined Communities. He said “All profound changes in consciousness, by their very nature, bring with them characteristic amnesias” and added that “out of such oblivions, in specific historical circumstances, spring narratives.” That is a fascinating thing to think about, to consider what historical stories are being communicated and why, to contemplate the silences in those stories, and question whether those silences are important.
What is the narrative of Showa Kinen Koen with its bike paths, its open green space and gardens, and its replication of an early-Showa-period village? The narrative of the park, as Benedict Anderson suggested misrepresents and muffles some of the history of this place as it puts forth a certain version of history. After the Showa Kinen Memorial Museum in the Hanamidori Cultural Center, Komorebi Village is the location in the park where that historical account is most evident.
Komorebi Village was designed with the intent of replicating a Musashino farm village from the 1930s. Project planners recruited an architectural history professor and local experts from Tachikawa-shi who possessed knowledge of local agriculture to provide guidance to the volunteer club, Komorebi no Sato. Volunteers cultivate rice and engage in other farming activities, do carpentry work, and develop projects. Periodic workshops teach participants specialized skills like udon-making. Visitors can also visit the buildings and gain a better understanding of agricultural life in the early Showa period, yet Komorebi Village does not provide a complete picture of life on the Musashino Plain during the 1930s.
The development of Tachikawa Air Base began in 1921 with base expansions continuing through the 1930s. Military industries, particularly those related to aircraft manufacturing, cropped up around the base at the same time. With the growth of the base and related industries, Tachikawa experienced a population boom with the number of Tachikawa residents reaching roughly 60,000 during the war years. None of the military history of this area is reflected anywhere in the park and it is given only passing reference in the Showa Memorial Museum.
After the war, of course, Tachikawa Air Base continued to exist under the control of the U.S. Air Force. Showa Kinen Park sits on land that was once part of the western half of the base. In 1957, two years after the start of the Sunagawa Toso, Tachikawa Air Base was home to 8,000 military personnel and 1,000 families. Another 2,000 families lived off base in private rentals. Most visitors to Showa Kinen Koen likely have no idea that the park sits on land that used to be part of West Tachi, as the Americans called it. Today we are going to walk through the park, visit some sites where base buildings used to be located, and talk a little about the life of people on the base.
This area where Komorebi Village sits used to be the Officers Club and the Officers’ Pool at Tachikawa West. The base hosted different clubs for officers, non-commissioned officers, airmen, and civilian employees. Members of the Officers’ Club paid $5.00/month (1800 yen in 1957) for access to the club amenities and special events. Famous American celebrities, such as the Kingston Trio and the movie star Richard Widmark visited the clubs on base. The officers’ pool was next to the club.
The pool was located were Komorebi Hill is now. Komorebi Hill is an interesting feature of the park because it used to be flat land. Construction crews molded the hill out of the debris from buildings on base and the surplus soil from construction projects in the park. Once the hill was formed, park volunteers planted it with trees and plants native to Japan. The symbolism, intended or not, is especially interesting. The ruins of an American military base underlay a hill planted in native Japanese vegetation, and the hill sits next to a functioning model of a traditional Japanese agricultural village.
----Next Stop---
The West Base Exchange was a department store for service members and their families where merchandise that they were accustomed to buying in the U.S. could be purchased duty-free at affordable prices. The West B/X also had a barber shop, beauty salon, souvenir shops, photo developer, and dressmaker. A snack bar selling sandwiches and short order lunches was next to the B/X.
The base had two movie theaters, one of which was located in the eastern section of the base. The other was here, next to the B/X in West Tachikawa. The building used for the Tachikawa Base Theater had previously been the largest wind tunnel in Asia and was used to test the durability and maneuverability of aircrafts manufactured in the surrounding area during the 1930s and 1940s. The wind tunnel building was very large and could seat 805 people when it was converted to a movie theater. This was well over twice the capacity of the theater in East Tachikawa. Theater operators tried to create a “back home” atmosphere for service members and their families, selling the snacks and drinks typically found in American theaters and showing movies that were recent releases in the U.S. The first movie to play here in May 1948 was the award-winning film, the Bishop’s Wife, starring Hollywood icon Cary Grant and Loretta Young. The theater showed five movies a day, in addition to a Saturday morning matinee for dependent children. Movie tickets cost only 25 cents for adults and 15 cents for children. Outlaw country singer Johnny Cash actually performed in concert at the theater as well.
Many dependent children recall spending endless hours at the theater, B/X, and snack bar. That fits with the intent of base designers to create an insular base with all the comforts of “home” and a small town feel. Architectural historian Mark Gillem asserts that the small town feel of American military bases on foreign soil is by design so that wherever “soldiers go, they are homeward bound.” The design of housing and shopping areas on bases like Tachikawa is surprisingly uniform according to Gillem, and is premised on the American suburban ideal. Base buildings were spread out from one another and ample parking spaces accommodated the exported American car culture.
---- Next Stop ---
All dependent housing was located in the western section of the base, so much of what is now Showa Kinen Koen used to be housing units. Service members and their families lived both off-base and on-base, and there was often of a waiting period of over a year for on-base housing. The welcome guides provided by the base to newly arrived families cautioned that off-base housing would not be up to American standards, but that it could be improved with “some elbow grease” (physical work) and “some pioneer spirit,” which would seem to imply that Japan was some sort of undeveloped frontier. Instructions on how to winterize homes and cope with the less reliable power supply also appeared in the guides. Officers, non-commissioned officers, Airmen First Class with four or more years of service, and civilian employees with a high ranking could apply for government housing on base.
Base housing consisted of dormitories, apartments, and single-family homes. This area was single-family homes. The homes here were not too much different than you would find in the places like Levittown or Monroeville, respectively the new postwar suburbs of New York City and Pittsburgh. The welcome guide of the 1950s echoed the gender norms of American society, regularly mentioning how wives could make homes more livable for their families.
Newly arrived families soon learned that Japanese maids could be hired at a reasonable rate to help with the housework and care for children. With an exchange rate of 360 yen to the dollar, families could hire a servant for between $17.50 and $30.00 USD/month. The welcome guide said that maids may have different housekeeping methods than American housewives but that they could be trained fairly easily in the American way of doing things. Many of dependent children that lived in Tachikawa continue to share fond remembrances of their Japanese caretakers. One online post asserted “We all loved our mama-sans”, and many other people comment on how they wish that they would have stayed in contact with the women. It would be interesting to know how the Japanese women working as maids and nannies remember those experiences and if they have the same desire to reconnect with the children that they helped raise. Domestic servants represent just one occupation among many that Japanese nationals worked on base. Many service members that my students interviewed recall good working relationships and friendships with many of the Japanese nationals who worked on base.
----Next Stop---
Dependent children attended schools that followed the same model and schedule as schools in the United States so that the children could transition easily between base schools and stateside schools. Many of these children grew quite used to moving and used to having to make friends in each new place they lived. Despite such potential difficulties, many dependent children remember their experiences of living in and around Tachikawa Air Base with great fondness. Now there is a large online group where many of these people reconnect and share their memories and photos of time spent in Japan.
This area of the park used to be where the base elementary school was located. Middle schoolers went to Green Park and high schoolers went to Yamato High School, both of which were a short distance away from the base. The elementary school had forty teachers, a variety of extra-curricular activities for students and services for special needs children. As you can see from these photos of the kids’ Halloween Parade, the school tried to replicate the experience of being a young student in America in a range of different ways. Kids could also participate in sports ranging from football to track to baseball, and extra-curricular activities like the Boy Scouts and Girl Scouts.
----
To conclude, many of the elements of base life seem to have been fairly mundane, and in and of themselves, fairly unmemorable. Yet collectively service members and their dependents have pleasant, nostalgic views of their time spent on Tachikawa Air Base and in Japan. Many people that my students interviewed that had visited Showa Kinen Koen thought the park was beautiful; but, like many people who try to return to their old hometowns, expressed a sort of muted sadness that no evidence of the base or their old lives remained. That, I think, makes for a parting question to think about. Should any part of the old base have been preserved? Is anything lost by erasing the remnants of the mostly unremarkable base buildings? I have thought about this on different occasions and my opinion is generally that it was not necessary to preserve any of the base buildings. The theater was the most interesting building, and perhaps that could have been saved and transformed into an information center or museum. In a larger sense, it is important to have an accurate understanding of the past. It would be appropriate, I think, to at least have some signage in the park, or perhaps in the Hanamidori Cultural Center, that included information of about the military past of this area and about the struggle of Sunagawa residents to save their community from being engulfed by the base. Such an exhibit or signage would help ensure that the complex history of the Showa period does not get forgotten or glossed over by simplified characterizations of the past.

「国営昭和記念公園」を歩きながら考える歴史的忘却と「物語」の構築
アダム・トンプキンス(レイクランド大学日本校・準教授)

はじめに
今日はまず、歴史学者ベネディクト・アンダーソンの『想像の共同体』という本の引用から始めたいと思います。アンダーソンは、「重大な意識変化が生じるときには、いつも記憶の喪失を伴う」と言いました。また「特定の歴史的状況においては、そのような忘却の中から、物語が湧き出る」とも言いました。思えば、とても興味をそそられることです。今、どのような歴史の物語が伝承されているのか、それはなぜなのかと考え、物語の中の沈黙について熟考し、そのような沈黙が重要なのではないかと問い直してみる、ということです。
「こもれびの里」は、1930年代に遡って武蔵野の農村を復元しようという意図で設計されました。プロジェクトの企画者は、建築史の教授や、立川市出身の現地専門家を採用しました。「こもれびの里クラブ」のボランティアを指導できるような、地元の農業に詳しい人々です。ボランティアの皆さんは稲作その他の農作業や大工仕事をして、数々のプロジェクトを展開しました。定期的なワークショップでは、参加者にうどん作りなど専門技能を教えました。そこを訪れる人々は、昭和初期の農家の生活について理解を深めることができますが、それでも「こもれびの里」は、1930年代の武蔵野平野の生活像を完全に表しているわけではありません。

立川空軍基地の歴史
立川空軍基地の開発は1921年に始まり、1930年代を通して基地拡張が続きました。基地周辺では軍事産業、ことに航空機製造関連産業が突然出現しました。基地の拡張と関連産業の成長に伴い、立川は人口が急増し、戦時中の居住者数はほぼ6万人に達しました。この時期の軍関係の歴史は、この公園のどこにも見当たりません。昭和記念館でちょっとした参考程度にふれられているだけです。

終戦後、もちろん立川空軍基地はアメリカ空軍の管理下で存在し続けました。昭和記念公園は、かつて基地の西側半分だった土地にあります。砂川闘争開始から2年後の1957年、立川空軍基地には、軍務従事者8000名が働き1000家族が暮らしていました。さらに2000家族が、基地周辺の民間賃貸住宅に住んでいました。昭和記念公園を訪れる人々には、この公園が、かつてアメリカ人が“ウエスト・タチ(西立川)”と呼んでいた地区にあるということなど、思いもよらないでしょう。今日は公園内を通って、かつて基地の建物があった場所を訪れ、基地で暮らした人々の生活について少しお話ししましょう。

「こもれびの里」――米軍将校クラブ跡地
「こもれびの里」があるこのエリアは、立川基地西地区の将校クラブと将校プールのあったところです。基地には、将校や下士官や航空士や非戦闘職員のために、それぞれ異なるクラブがありました。将校クラブのメンバーは、月に5ドル(1957年当時の1800円)払って、クラブ内の施設やサービスを利用したり、特別なイベントに参加したりすることができました。アメリカのキングストン・トリオのような有名人や、映画スター、リチャード・ウィドマークなども基地のクラブを訪れていました。将校クラブの隣には、将校用のプールがあります。

「こもれびの丘」に埋もれる米軍基地の瓦礫
プールは、今「こもれびの丘」がある場所にありました。「こもれびの丘」は、公園内でも面白い特徴をもっています。もともとは平坦な土地だったのですが、基地内にあった建物を取り壊した際の瓦礫と公園内の工事で出て来た土壌で作られた丘だからです。丘ができあがると、公園ボランティアの皆さんが、そこに、日本に原生する木や植物を植えました。意図的になされたものかどうかはともかく、その象徴的な意味は格別興味深いものがあります。米軍基地の残骸が丘の下に埋められ、そこに日本原産の植物が植えられ、隣には伝統的な日本の農村の模型ともいうべき里があるのです。

米軍基地内の娯楽施設――B/Xと映画館
西側のベース・エクスチェンジ(B/X)は、軍役につく人々とその家族のためのデパートで、アメリカで買いなれていた商品が、お手頃価格の免税品として購入できました。このウエストB/Xと呼ばれる場所には、理髪店、美容院、土産物店、写真屋さん、それに洋服屋さんまでありました。サンドイッチやお昼の軽食などを売るスナックバーも、その隣にありました。

基地には映画館が二つあり、ひとつは東地区に位置していました。もうひとつは、ここ西立川のB/Xの隣りでした。立川基地の映画館になっていた建物は、以前アジア最大の風洞だったもので、1930年代および40年代に基地周辺で作られた航空機の耐久性や操作性をテストするために使われていました。風洞試験用の建物はとても大きくて、映画館に改造されたときには収容数805席でした。軍人やその家族が、まるで本国に帰ったように感じる雰囲気を創りだそうと、アメリカの映画館で定番となっているスナック菓子やドリンク類を販売し、アメリカで公開されたばかりの映画を上映しました。1948年5月の上映開始第一作は、アカデミー賞受賞作「気まぐれ天使」で、主演はハリウッドを代表する女優ケイリー・グラントとロレッタ・ヤングでした。映画館では、一日5本の映画を上映し、さらに土曜日の午前中には学童のために昼の上映もありました。料金は、大人わずか25セント、子供は15セントでした。アウトロー・カントリーのジョニー・キャッシュが、映画館でのコンサートに出演したりもしました。

扶養家族として滞在していた子供たちの多くは、映画館やB/Xやスナックバーで何時間も過ごしものだ、と回想しています。基地設計者は「ホーム」の心地良さとスモールタウンの親しみやすさを備えた断熱層のような居場所を作ろうとしたのですから、その意図にふさわしい過ごし方でした。建築史家のマーク・ギレムは、「兵士たちがどこに行こうと、いずれは本国に戻るその帰途」となるよう、外地の米軍基地はわざわざ田舎町風に作られているのだと断言します。ギレムによれば、立川のような基地内の住宅と商業施設は、びっくりするほど画一的で、アメリカの郊外を理想型としたものです。基地では建物同士の間隔が広く駐車スペースもたっぷりあって、アメリカの車文化を輸出するには申し分ありませんでした。

米軍ハウス入居の「手引き」
 米軍ハウスはすべて基地の西部に位置していましたから、現在、昭和記念公園となっている場所は、ほぼ住宅地区でした。軍役につく人々とその家族は、基地の内外に住みましたが、基地内の住宅に入居するには一年以上待たされることも珍しくありませんでした。新しい家族を迎える入居の手引きには、基地外の住宅はアメリカの水準には達していないが、「肉体労働」と「開拓者精神」で改善できる、などと書かれていました。まるで日本が、開発すべきフロンティアだと言わんばかりです。住宅の防寒対策や、電力の供給があてにならないので停電対策なども、手引きで指南されていました。将校、下士官、経験4年以上の一等航空士や非戦闘員の幹部クラスが、基地内の公舎への入居を申請することができました。
 
 基地の住宅には、寮、アパート、一戸建て住宅がありました。ここは、一戸建てエリアでした。ここの住宅は、レヴィットタウンやモンローヴィルなどそれぞれニューヨーク・シティとピッツバーグの、戦後新たにできた郊外で見られるような家々と、ほとんど変わりませんでした。1950年の入居の手引きには、アメリカ社会のジェンダー規範と全く同じことが唱えられ、妻は、どうすれば家族のためにもっと住みやすい家にできるかなどを、几帳面に説いていました。

米軍基地で働く日本人たちとの関係
入居してまもない一家は、家事や子供の世話を手伝ってもらうために、手ごろな料金で日本人メイドを雇えることを知りました。為替レートは1ドル360円でしたから、月に17.5~30ドルほどで使用人を雇うことができました。入居の手引きには、メイドを雇ってもアメリカの主婦とは家事のやり方が違うかもしれないが、教えれば結構簡単にアメリカ式のやり方を覚える、と書いてありました。立川に住んでいた子供たちの多くに共通するのは、自分たちの世話をしてくれた日本人のことを懐かしく思い続けていることです。ネット上の書き込みでは、「私たちはみんな自分の“ママさん”のことが大好きでした」と主張し、彼女たちと連絡を取り続ければよかったのに、とコメントする人たちもいます。メイドや乳母として働いた日本人女性たちが、その経験をどれほど覚えているか、彼女たちの方でも同じように、自分が世話した子供たちとの再会を望んでいるのかどうか、知ることができたら面白いでしょう。家庭内の使用人は、日本人が基地内で行った他の多くの仕事のうちのひとつを代表するものです。私の学生がインタビューした大勢の軍人たちは、基地で働く多数の日本人との間に仕事上の良い関係と友情を築いたことを思い起こしています。

かつての子供たちのオンライン同窓会
 扶養児童たちは、基地内の学校に通いましたが、基地と本国との間の転校が容易にできるよう、本国の学校と同じモデルと日課に従って授業が行われました。子供たちの多くは、成長するにつれて、引っ越しや転向にも新しい土地での友達作りにも、すっかり慣れました。苦労のタネはあったものの、当時子供だった人々は、立川基地内およびその周辺で暮らした経験を、とても懐かしく思っています。今ではネット上のグループ内で、そのような人々が再会し、日本で過ごした時期の記憶や写真をシェアしています。

 公園内のこのエリアは、基地の小学校があったところです。中学校はグリーンパーク、高等学校は大和高校に通いました。いずれも基地から近いところにあります。小学校には40人の教師がおり、生徒のための多様な課外活動や特別なニーズのある児童のためのサービスなどが実施されていました。子供たちのハロウィーン・パレードの写真からもわかるように、学校では、アメリカの学生が経験することをそっくりそのまま再現しようと実に様々なことを試みました。子供たちはフットボールから陸上競技や野球まで、幅広いスポーツ、またボーイスカウトやガールスカウトのような課外活動にも参加することができました。

最後に
 結局、基地生活の要素の多くがありきたりの日常的なことで、それ自体、記憶に残らないものだったようです。にもかかわらず集合的には、軍人たちもその扶養家族も、立川空軍基地や日本で過ごした時を、楽しかったし懐かしいいという見方をします。私の学生は昭和記念公園を訪れたことのある人々にインタビューしましたが、多くが美しい公園だと思っていました。しかし、故郷に帰ろうとする人々がたいていそうであるように、基地や彼らの昔の生活の証が何も残っていないことが、なんとなく寂しそうでした。考えてみても、答えは分かれてしまいます。基地の一部でも保存されるべきだったのか? ほとんどが何の変哲もない建物だったけれども、それでも消えてしまったことで何かが失われたのか? いろんな折にそのようなことを考えました。そして私の見解は大体において、基地の建物は何も残さなくてよかった、というものです。映画館が一番興味深い建築物だったので、恐らく保存して情報センターとかミュージアムに改造されてもよかったかもしれません。もっと大きな意味で、過去についての正しい理解をもつことは重要です。少なくとも公園内の標識で、あるいは、花みどり文化センターの中にでも、この地区に軍事施設があったという過去について、また砂川の人々が、基地に飲み込まれないよう自分たちの共同体を守るために闘った砂川闘争について、何らかの情報を含めてもいいのではないかと思います。そのような展示または表示によって、昭和初期の複雑な歴史が忘れられないようにできるでしょう。あるいは、過去が単純化されて体裁よく粉飾されたりしないようにできるのではないでしょうか。
(translated by FUKUOKA)



スポンサーサイト



Contents

→ 最初の画面に戻る

Archive