砂川平和ひろば開き

砂川平和ひろば開きのお知らせ

下記の様に砂川平和ひろば開きを開催致します。

日 時  1月29日(日) 13:30~
場 所  砂川平和ひろば(アクセス・連絡先参照)
内 容  砂川の大地で育てた陸稲もち米で、きな粉餅・辛味もちを食べながら、
      砂川平和ひろばの2017年の予定や抱負を語り合う。
      希望により「流血の記録・砂川」上映14:30~

参加費  無料(カンパ)
スポンサーサイト



2017年 迎春

迎 春

昨年は、11月13日に、ー砂川の大地から とどけ平和の声 「被爆アオギリ2世」砂川植樹1周年記念映画上映会・現地集会ーを多くの賛同者・参加者のご協力のもとに開催することができました。「アオギリにたくして」を上映しーアオギリを囲んで「核」と「被ばく」を語るー現地集会は充実したものとなりました。福島原発の問題も解決されないままに、新規制基準の下で3カ所5基目が再稼働し、再稼働の機運が高まっています。オバマ大統領が広島を訪れた一方で、日本は「核兵器禁止条約」に反対しました。12月には沖縄にオス
プレイが墜落し、同日胴体着陸しています。4年間で2回の事故は正に「空飛ぶ棺桶」です。日米地位協定の下、原因究明もできず、安全も
守れないままに、日本政府は、主権者をないがしろにして6日後に飛行再開を容認しました。米陸軍が導入を断念し、イスラエルも購入しな
かったオスプレイを日本政府は17機、3600億円で購入する。米軍は横田に配備し訓練場所として、三沢(青森)対地射爆撃場(群馬・新潟・
長野3県の周辺空域)陸上自衛隊東富士演習場(静岡県)、沖縄県の訓練場など国内4か所。自衛隊と米軍のオスプレイで日本の北から南
まで占拠されています。オスプレイの問題は、沖縄だけの問題ではなく、日本全体の問題であることを一人ひとりが再確認し自らの問題
として、捉えなければならないものです。2017年平和に生きる権利を守るため、自衛隊基地を抱える砂川は、全国の人々と団結し、今年も
活動してまいりたいと思います。本年もよろしくご指導、ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。 2017.1.1

砂川平和ひろば  主宰 福島京子                           

 1・29(日)砂川平和ひろば開き1:30~  砂川平和ひろば

Contents

→ 最初の画面に戻る

Archive