5.3憲法記念日 平和を考える集い 

「今、砂川判決を集団的自衛権に利用する暴挙を問う」

 自民党政権は、集団的自衛権のために「砂川判決」を利用する暴挙を行っています。
そもそも、今利用している「砂川判決」は、「米軍基地は、憲法9条に違反する」とした
伊達判決を、覆すために、東京地方裁判所から高等裁判所を経ない「跳躍上告」などという
異常な方法で、出された判決なのです。
 「跳躍上告」事態異常なことであったばかりではなく、この「跳躍上告」をしてまで下した
判決の背景には、当時の田中耕太郎最高裁判所長官とアメリカのダグラス・マッカーサー二世駐日米大使(当時)
との密約により出された判決であることが、アメリカの公文書により、明らかにされているのです。
 日本の司法を逸脱して行われた判決を持ち出し、「集団的自衛権」を認めようとする、自民党政権の
暴挙を許すことはできません。
 私たちが今尊重すべきは、「伊達判決」であって、田中耕太郎最高裁判所長官の違法行為により出された
「砂川判決」では決してないのです。

日 時  5月3日(土) 13:30~15:30
     流血の記録・砂川」  13:30~上映
     亀井文夫監督作品
場 所  砂川平和ひろば
主 催  砂川平和ひろば
スポンサーサイト



Contents

→ 最初の画面に戻る

Archive